境内清掃と稲荷まつり

4月12日 午後1時から 東光寺の守護神 稲荷様のお祭りをいたします

引続き1時30分より 境内清掃  雨天中止

例年ですと掃除ボランティア20名くらい参加いただいております

2時30分より 自由参加で桜が咲きそうです。観てあげようと観桜会企画しました 但し雨天中止

掃除内容 杉葉ゴミを拾う

服装 よごれても良い仕度で アイテム持ち物「軍手」 尚 のこぎり チエンソー かま はダメ

掃けば散り はらえどまたも散り積もる 庭の落ち葉もおのが心も

塔婆供養ご案内

4月5日午前10時より合同年忌開催

今年はコロナ対策と世間並みに山里ではありますが、都会の方もお出でになりますので2回に分けて開催いたします。

4月5日午前9時30分受付10時~11時まで地元のお檀家

9月13日は地元以外のお檀家でご供養いたします

亡くなると仏さまになる  それは 腹を立てない 暑さ寒さに愚痴は言わない 食事も香りと作ってい頂いた心をいただく いずれ行く道です 子孫の方が手を合わせてくれるそういう人になりたい

今日は4人にお声がけをした

コロナ対策ではないですが、誰にも会わないというか誰も居ない山里です

朝 生ゴミ出しに行き、ゴミステーション前にある家の娘とゴミ出しで一緒になり「ゴミ出し近くていいね」とお声がけ。もっと洒落た会話をすればよかったと後で思う

11時ころ塔婆書いていたら郵便屋さんが荷物持ってきたのでコロナ対策などと一言添えて少し離れてハンコを押したら失敗し結局50cmに近づくことになった。

午後天気が良かったのでコロナ対策でもないが杜々の森へ散策に行く。

カタクリの花が群生して咲いていた。ちゃんと見るには顔を大地につけなければ良く見えない

キャンプ場へ初めて行ったら誰も居ない公園に夫婦連れが散歩していた。5mほど離れて挨拶した。「苔が生えるほど朽ちたキャンプ場ですね・・・」またつまらない事を言ってしまった

昨日降った雪の上に蕗の花が、春真っ盛りを教えてくれている

自然の中で人間として山を歩き、谷川のせせらぎのように、人生が淡々と流れていく。ここは自然の音と自分の足音だけしかしない命を感じるところ。大自然に生かされていることを忙しく欲望を溜めている世間では、感じることを忘れている。

さあ寝るか・・今夜は風も無いのでシーンと耳鳴りを子守唄にして