砂浜も静けさが戻り 秋の気配が感じられる頃 あ~秋

あ~秋が来てしまった。 降ってわいたような今年のお盆、コロナの為手伝いに来れなかった坊さんの穴埋めに急きょ老とるの私がお盆の家庭訪問をすることになり三日で約90軒新潟島を回った

標題は満福寺の掲示板に今日書いた言葉 荷物を車に詰め込み思いだしたのが掲示板を書き換えなければと・・慌てて思いついたのが手紙の季節の挨拶

さて 12年ぶりの家庭訪問は面白かった 変わって分からなかった家や まったく変わらない家でもお参りする人が変わって若手になっていたり 昨夜6:40最後の家では・・お経を始めたら天井に2機ある照明が、交互についたり消えたり始め 1分ほどで真っ暗になった・・蝋燭だけが不気味な炎をゆらしていた・・その家のお婆さんは 慌ててスイッチをいじっていたがつかない・・なにか・・お盆で2年前に亡くなったお爺さんが来たのだと想像して短いお経を終えると・・電気がついた  ハハハ笑うしかない・・早々に出た その後の事は知らない

もっとも寂しい死に方は 葬儀に誰もお参りに来ない事だそうで・・日本の高齢者は世界でも友人の少ないほうだそうです。

さてあの世の話は逝ってからの楽しみにして 生きているという実感を大事にしたいものです

今回のお盆も、受けなければのんびりお盆を過ごせたのですが、頼まれることの少なくなったこのごろ、頼まれたことで よしきたと出かけて行って良かった・・マスクと眼鏡で私の事はお経をあげるまで分からない方が多かったが、後ろでお参りしておられる方はこの坊さん誰と思いだすのに大変だったろうと想像している

回っていて感じたことは、時間と共に思いだしてくるという事、この先に抜け道があったがと行ってみるとそのままあった時のささやかな喜び・・若き日の習ったことを今改めて創めると、70年間の実績が新たな道を開いてくれる 自分の歩んできた道が 今自分を導く 映画マトリックス リローゼッとだったか・・・

明日6日は総代世話人さんの盆参

久しぶりに更新した。 何か雨の日が続き境内の草がのび やっと雨も上がり毎日草刈り三昧だ

明日は恒例の役員の盆参である。昨年から弁当止めて私が料理を作ることに・・弁当の方が安上がりなのだが・・明日は

付け出しに 常一さんの枝豆・ ずいきとパイナップルの甘酢漬け・焼きたらのこ・星長さんのおからと小柱のしっとり炒め・ビックリゆで卵

平  煮しめ 油揚と夕顔・麩と高野豆腐に椎茸

皿・鰯のぬか漬け  お椀・パンプキンスープ  メイン・ サーロインステーキ160g (100g830円)あえて値段をいれておく・・ポテトフライと青菜添え

〆 そば ・・かぼちゃと舞茸の天ぷら こんなところかな・・

らくらくサロンIN西中野俣講話と踊り

コロナウイルスで講演会は中止と思ったら開催することになった

令和2年7月9日(木)午後1時30分から 会場 西中野俣地区センター

火事と坊主は遠いほどありがたいといいますが・・会場は直ぐそこ 私の動きはすべて見られています・・やりにくい・・

なぜか 踊りをおどれという要望である コロナで踊ることがなく よって毎夜練習中です。足腰ガタガタです。踊る曲の予定は 俵星玄蕃・黒田節・祝い船・月冴えて・寿・かっぽれまで練習が終わった・・3日の夜 日本の芸能を観て宇宙的というか 銀河の踊りだ すこしやる気がでてきた 夜練習すると4枚戸のサッシが全部鏡になる 外からは誰も見ていないので安心だ たぶん

話はついでだ・・ついでに紹介しておこう

私の一番大事なものは何?考えることで脳神経が伸び 切れていた神経と繋がることで 忘れていたことを思いだす。 「あの役者はだれだっけ・・5時間もたってフと思いだす

帰るわが家があるから旅は楽しい 旅は車か電車か飛行機・・着いた所は火星ではなく 地球です 乗り物も燃料も空気も地球のもの・・みんなただなもの ただなもので生かされている私です

大きく息をつくと どうして おかしく なるの? 息と一緒に鬱がでていくのかも

私の身体は立派な道具 飾っておけば粗大ごみ 粗大ごみは有料です まだ磨けば使えるのです 道具とは車とか包丁・身体など 腕を磨けば輝くのです・・道具はその中にあるのではなく それを使用しての結果です

久しぶりの法話を楽しんできます