奇跡 生きていることが奇跡

 しあわせ大学 

 日時 24年7月19日 am10:00~11:40

 会場 万代市民ホール

 テーマ 奇跡

 レジメ

 奇跡は統計学的に極めて低い確率でしか起こらない

 好奇心と観察眼、あくなき努力と研究心

 (以下アルボムッレ先生著書より)

 ギリギリの生命維持で 自分本来の持っているものが目を覚ます

 目に見えない命に支えられ生きている

 感動の大きさは汗を流す量で違う

 最近の若い者のは、二本足で歩き始めた頃から言われている(五木寛之)

 自分の歩んできた道が自分を導く

 感覚とは故障しかけた身体の修理屋

 人生に大きな影響力は友人でありライバルだ

 自分に魅力を感じないと周りも自分すらいやになる

 同じ花を見ても綺麗と思うと思わないで幸福感が違う

 定年をむかえ何もやる事のない人は人に役立つ、これといった仕事をしてこなかった

 心に育てたものは盗まれない

 行動にはアクションがありリアクションが楽しい結果である

 100パーセント純粋な水はない、心も混ざるものによって善悪がでる

 偶然は説明できないものの逃げ道に使うが、原因がないと何も起こらない