先人に敬意をはらい埃を払う

天気予報もはずれ朝外に雪が無い

ほっとして正月の準備で大鼟を移動中

鐘に彫ってあった18世代に心を繋ぐ

江戸末期の先人和尚がどんな気持ちで鐘を打ったのか

午前7時雪になる 開山堂の位牌を降ろし18世の位牌の埃を払い

どんな和尚さんだったのか親しみもわいてくる

寒さも忘れて掃除 気が付けば 自分の心が爽やかになって

6時に栃尾へ年始のお菓子を買い出しに出る

20cmの霙ぽい雪道でドリフトを楽しむ

明日は満福寺へ正月の準備に行く予定

元日雪だそうで1時から満福寺の年始受けに行くのが心配だ

屋根から雪が落ちてくる音を聞き

どこにも出かけなければ素敵な雪なんだが

雪の準備はほぼできているので

明日息をしていたら、僕のコレステロールを減らしてくれるのを雪に頼んで ナイトです